Japan

Long wallet or bifold? What your wallet says about you in Japan

For some people, the way a man carries his money can be a dealbreaker.  A few days ago, 29-year-old Austrian-Japanese model…

Read More »

仮想世界「Second Life」、制作者がアドバイザーとして復帰–新たな出資も

 メタバースにおける「複合現実(MR)」の概念が注目を集める中、初期に構築された仮想現実(VR)世界の1つが、新たな出資を受けて大々的なカムバックを果たそうとしている。  リアルタイムコミュニケーションを手掛けるHigh Fidelityは米国時間1月13日、仮想世界「Second Life」のさらなる拡大を目指して、開発元のLinden Research(Linden Lab)に出資すると発表した。両社の創設者で、メタバースのパイオニアとみなされているPhilip Rosedale氏は、戦略的アドバイザーとして再びSecond Lifeに関わり、その拡張を支援すると述べた。  High FidelityはSecond Lifeに対し、現金を出資するとともに、分散コンピューティング関連の特許を提供する。Rosedale氏は米CNETのインタビューで、特許のうちの2件は「分散環境に関する特許」だと語った。  Second Lifeは2003年に公開され、2007年の最盛期には110万人もの月間アクティブユーザーを擁していた。ユーザー数は最近再び増加し始めており、Linden Labの広報担当者によると、月間アクティブユーザー数は100万人に近づきつつあるという。  広報担当者は米ZDNetに対し、Second Lifeの年間国内総生産(GDP)は6億5000万ドル(約740億円)で、2020年には8000万ドル(約91億円)以上がさまざまな仮想商品やサービスの代金として、仮想空間の住民に支払われたと語った。新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、このGDPは約30~40%増加したという。  「新しい」メタバースである「Meta」が構築しようとしているものと比べて、Second Lifeが異なる点は、VRヘッドセットだけが必要なのではなく、3Dブラウジングソフトウェア「SL Viewer」を使うことだ。Rosedale氏は米CNETに対し、より高度なハードウェアが登場して、この仮想世界が「VRをオプションとする」プラットフォームとして大幅に改善されない限り、Second Lifeがヘッドセットのみで動作する形になるとは考えていないと述べた。…

Read More »

Twin panda cubs make debut at Tokyo zoo for devoted fans

Twin panda cubs made their first public appearance Wednesday before devoted fans in Tokyo, but they will be on display…

Read More »

Haiti earthquake aid remains a priority for Naomi Osaka

Cincinnati, Ohio – Naomi Osaka vowed on Monday to give more than just this week’s Cincinnati Masters prize money in…

Read More »

Woman, 50, arrested after mummified remains of father found in residence

SHIGA (TR) – Shiga Prefectural Police have arrested a 50-year-old woman after the corpse of her father was found in…

Read More »

Häagen-Dazs Japan’s delicious mochi ice cream makes a comeback this fall

What’s summer heat? We can already taste the autumn deliciousness. While it can be fun to take standard Häagen-Dazs ice…

Read More »

グーグル初の独自SoC「Tensor」–今分かっているすべてのこと

 Googleは「Tensor」と名付けたこの新しいシステムオンチップ(SoC)について多くを語っていない。しかし、詳しく調べてみるとその目的や方向性が見えてくるはずだ。 提供:Google  以下は、Tensorに関するこれまでの情報で知っておくべきことをまとめたものだ。 Tensorとは何なのか?  TensorはGoogleが新たに発表した、Google初のSoCだ。Googleは「Google Pixelbook Go」といったコンピューターや、「Google Pixel」といったスマートフォンをこれまでに製造してきているが、SoCを手掛けるのは初めてとなっている。しかしGoogleは数年前から、同社のデータセンター向けに「Tensor Processing Unit」(TPU)という機械学習(ML)向けの処理チップを製造してきている。 Tensorはどういった用途に向いているのか?  Googleは、Tensorによって写真や動画の処理性能が向上すると述べている。また、音声の認識/読み上げや翻訳を行うソフトの処理能力向上にも役立つという。さらに同社は、リアルタイムでの言語翻訳や、動き回る被写体の撮影(筆者の場合、たいていは孫の写真だ)といったタスクのパフォーマンスも改善すると主張している。  TensorでもGoogleのクラウドリソースの力を借りる必要はあるが、同チップを搭載したスマートフォンはより多くの情報をデバイス側で処理できるようになり、クラウドへのデータ送信量を低減できるようになる。 技術的に見た場合、Tensorとはどのようなものか?  Tensorの正体は、Armアーキテクチャーのコアを8基搭載した、5ナノメートルプロセスで製造されたチップのようだ。複数の情報筋が9to5Googleに語ったところによると、Googleは「Whitechapel」という開発コード名で、Tensorをサムスンと共同開発したという。筆者はこの情報が十分に信じられると感じているが、もしそれが正しければ、Tensorはサムスン独自のArmチップ「Exynos」と一部の性質を同じくすることになりそうだ。 Tensorはセキュアなチップなのか?  答えはイエスだ。GoogleはTensorに対してかつてないほど多くのセキュリティ機能を搭載している。また、同チップはセキュリティに特化したGoogleの新チップ「Titan M2」と協調して動作する。 「Tensor」の意味するところは?  Tensorという名前は、Googleがオープンソース化したMLプログラミングエコシステムである「TensorFlow」に由来している。TensorFlowは最もパワフルかつ最も普及しているML用プログラミングフレームワークだ。…

Read More »

Japan immigration video shows Sri Lankan was ‘murdered,’ family says

The family of a Sri Lankan woman who died in March following mistreatment at a Japanese immigration center said she…

Read More »

Do you really need to wear toilet slippers when using the bathroom at home? Japan’s netizens vote

And a housecleaning expert weighs in! Japan has become famous for its high-tech, luxury bidet toilets, but before those were…

Read More »

COVID-19 patient in serious condition turned away by 120 hospitals in Tokyo

TOKYO (TR) – A man in serious condition due to symptoms of COVID-19 was turned away by more than 100 hospitals…

Read More »
Back to top button
Close