Japan

Taiwan says China simulating attack on main island in drills

Taiwan said China’s military drills on Saturday appeared to be simulating an attack on its main island, as Chinese warplanes…

Read More »

Waiter, there’re 100 crickets in my soup! We try make-it-yourself Cricket Ramen【Taste Test】

Why settle for just one cricket when you can eat one hundred? Like it or not, entomophagy (the practice of…

Read More »

eStream、コイン型Edy搭載のフィギュアを展開–若年層にキャッシュレス体験を提供

 eStreamは、電子マネー「楽天Edy」と連携し、キャッシュレス決済機能がついたキーホルダータイプのフィギュアブランド「きゃらぺいっ!」を、10月から展開する。7月24日に開催されたイベント「ワンダーフェスティバル2022[夏]」にて、実物のお披露目を行った。 「きゃらぺいっ!」を活用した決済デモ  eStreamでは、フィギュアブランド「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE」などといった事業を展開。今回の「きゃらぺいっ!」は、キャッシュレス決済機能がついたキーホルダータイプのミニフィギュアシリーズとして新たに展開されるもの。フィギュアにコイン型Edyがセットされており、コンビニなどでの支払いで活用することができる。ユーザーが好きなキャラクターのフィギュアを持ち歩くことで、楽しいキャッシュレスライフを提供する。  第1弾として、サンリオのキャラクター「シナモロール」「ポムポムプリン」「マイメロディ」「クロミ」の4種が登場。10月から発売を予定となっている。価格は各3460円(税込)。 サンリオのキャラクター4種を第1弾として発売する キャラクターの台座の部分にコイン型Edyがセットされている  担当者によれば、近年キャッシュレス決済の市場が大きく成長し、キャッシュレス決済の手段やサービスも多様化していくことが想定されているなか、現在のところはクレジットカードなどを持つことが難しい低年齢層や若年層をターゲットとして想定。子どもにお年玉代わりとして渡して、日常的に持ち歩いて親しんでもらいつつ活用するといった利用方法などをイメージしているという。  今後の商品展開として、「五等分の花嫁」、「わんぱく!刀剣乱舞」、TVアニメ「呪術廻戦」、「IdentityV 第五人格」をラインアップ。それ以降もさまざまなコンテンツのキャラクターで展開していく予定とし、おおよそ1カ月ペースで順次発売していく計画としている。 ブースでは、今後ラインアップが予定されているキャラクターのサンプルなども展示されていた Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp…

Read More »

Number of foreign visitors to Japan exceeds 100,000 for third consecutive month

The number of foreign visitors to Japan in June exceeded 100,000 for the third consecutive month following the easing of…

Read More »

Fendi’s latest collection features garments made using kata-yuzen, a historic Japanese dyeing technique

Fashion giants use traditional fabric dyeing technique in their Fall/Winter collection. Italian luxury fashion brand Fendi recently released their Fall…

Read More »

社員全員がフルリモートのキャスター、リモートワークについて社員に調査

 創業より社員全員がフルリモートで勤務しているという人材派遣業のキャスターは7月7日、同社社員(業務委託含む)を対象に実施した「リモートワークと働き方に関する意識調査」の結果を公表した。有効回答数は442名。 リモートワークを選択した理由「移動や通勤を減らしたい」  同調査では、リモートワークを選択した理由として「通勤や移動時間を減らしたい」が52.9%ともっとも多く、「家族との時間を増やしたい」が2位「リモートワークに興味があった、挑戦してみたかった」が3位「居住地付近に希望する求人がなかった」が4位と続く。 リモートワークを選択した理由はなんですか?(複数回答可)  キャスター取締役CRO(Chief Remote work Officer)の石倉秀明氏はこの結果について、リモートワークを選択した理由で「家事・育児・介護との両立」の回答が7.0%に留まったことに触れ「世間のリモートワークに対するイメージとして『家事や育児を両立する』ためというものがあるが、それよりも『通勤や移動時間を減らし』『家族との時間を増やす』ことを実現したいという回答が上位にきた」とコメントしており、同社において、家事や育児、介護との両立を理由としてリモートワークを選ぶ人は少数であるという。 「リモート」と「フルリモート」は似て非なるもの  また、石倉氏は「出社が1日でもあるリモートと、出社がゼロのフルリモートは似て非なるもの」といい、フルリモート勤務の同社では、研修や全社総会などもすべてオンラインで実施し、メンバーがオフラインで集まる場は会社として実施していないと述べている。  同氏は、フルリモートの利点として「居住地に関わらず優秀な人材を採用することができ、現在47都道府県23ヶ国で1400人以上が働いている」としており、同社の入社理由で「リモートワークでないと働けない」と21.9%から回答があったことも含め、フルリモートであるメリットも一定程度ありそうだ。 キャスター社員のワーケーション経験率、フルリモート8年だがわずか「約2割」  昨今話題を集めている「ワーケーション」だが、創業8年の同社社員のワーケーション経験率は19.5%という。この結果について、同社は「世間では、好きな場所で働けるから、旅行しながらというイメージもありますが、リモートワークだからといって仕事量が減るわけでもラクになるわけでもありません。現実的には、金銭的な問題や、セキュリティ面で安全なWi-Fiや業務に適したデスク、椅子などの環境がない場所も多く、旅先で仕事をするのは容易ではありません」とコメントしており、ワーケーションにも課題があるようだ。  また、「好きな場所でワーケーションができるとしたらどこを選びますか?(※予算が十分あると仮定)」という設問では、16.1%が「ワーケーションはしない」という回答だったという。 どこでも好きな場所でワーケーションができるとしたらどこを選びますか? 移住したいエリア1位は「地方」でなく「関東圏」  「どこでも好きな場所に移住・引越しができるとしたら、どこを選びますか?(※移住予算が十分あると仮定して考えてみてください)」という設問では、「関東エリア」が27.6%と最も多い結果になったという。  また、「リモートワークを始めてから、引越しや移住を考えたことはありますか?」という設問では、約半数(50.5%)が移住や引越しを考えたことがあると回答したという。 リモートワークを始めてから、引越しや移住を考えたことはありますか? Share…

Read More »

Bank of Japan owns half of JGB market after huge buying to defend yield cap

The Bank of Japan now owns half of outstanding Japanese government bonds (JGBs) issued in the market, data showed Monday,…

Read More »

Tokyo government announces new name for maternity/paternity leave, hopes to change attitudes

Governor of Tokyo wants people to stop saying the old term because paternal leave is not a vacation. In a…

Read More »

ガソリンや光熱費の高騰が世界中の働き方にも影響–Citrix調べ

 シトリックス・システムズ・ジャパンは6月15日、CitrixとOnePollが行った働き方に関するグローバル調査「Return to Work」の結果を公表した。同調査結果によると、高騰するエネルギー価格が働き方に影響を与えていることが明らかになったという。 ガソリン高騰の影響が「車社会」の地域では顕著  オーストラリア、ブラジル、コロンビア、フランス、ドイツ、日本、メキシコ、オランダ、イギリス、アメリカの10カ国で6,500人を対象に行った調査では、通勤コスト削減のために在宅勤務回数を増やすと答えた人が、アメリカなどの「車社会の国々では半数以上おり、日本でも自動車通勤の多い北海道や東北地方で他の地域と比べて多いことが明らかとなった。 光熱費を抑えるために出社したい、フランスでは「43%」  また、光熱費を抑えるために、オフィス出社している又はオフィス出社を希望する人は、すでにエネルギー費用が高騰しているフランスで43%と多い結果となった。  日本では19%と比較的低く、調査が行われた時点では「生活費の上昇、特にエネルギー燃料費の高騰のため、今年は昇給を希望する必要がある」と答えた人は20%に留まった。Citrixは、日本においても電気料金の値上げが続くなか、冷房需要期の7~9月には生活費の上昇を懸念する声が増えることが予測されるとの見解を示している。 在宅勤務で「家庭生活との両立が可能になった」43%  在宅勤務に関する調査項目では「テレワークで家庭生活との両立が可能になった」と回答した人が43%、「通勤にかかる時間とコストの削減」と回答した人が35%いる一方、「自宅では気が散ることが少ない」「会社での生産性が低い/自宅での仕事の方が生産性が高いと感じている」という項目では、前者では20%、後者では13%に留まり、生産性に関する問題も露見されたようだ。  また、働く時間の柔軟性については「週休3日制では、仕事を終わらせられるか不安に思う」と答えた人が32%いるなか、「給与が維持できるのであれば週休3日制を受け入れる」と答えた人が全体の75%となったという。 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File…

Read More »

Japan concerned over Cambodia naval base modernizing with Chinese aid

Japanese Defense Minister Nobuo Kishi voiced concern Tuesday over the recent modernizing of a Cambodian naval base with Chinese aid,…

Read More »
Back to top button
Close