Japan

Slain ex-PM Abe honored at divisive state funeral

Japan’s assassinated hawkish former leader, Shinzo Abe, was given a rare state funeral Tuesday that was full of military pomp…

Read More »

Ukraine war comes home to Russians as Putin imposes draft

A day after President Vladimir Putin announced a call-up that could sweep 300,000 civilians into military service, thousands of Russians…

Read More »

Down the steps to Kusabe Yoshimi, one of Japan’s three great “descending shrines”【Photos】

We visit this unusual shrine in a Kumamoto canyon and drink its water of eternal youth. In Japan, you’ll find…

Read More »

東京ゲームショウ2022、リアル会場の総来場者数は13万8192人に

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は9月18日、9月15日から18日までの4日間開催した、大型ゲームイベント「東京ゲームショウ2022」(TGS2022)のリアル会場(幕張メッセ)について、総来場者数が13万8192人と発表した。  東京ゲームショウは、CESAの主催によって年に一度開催される、コンピュータゲームをはじめとするコンピューターエンタテイメントの総合展示会。今回は「ゲームは、絶対、とまらない。」をテーマに、3年ぶりのリアル会場を含むハイブリッドイベントとして開催した。 総来場者数比較表  会期中にオンライン配信した公式番組の総視聴者数や、VR会場である「TOKYO GAME SHOW VR 2022」(TGSVR2022)の来場者数等は、後日発表するという。また、2023年の「東京ゲームショウ2023」は、9月21~24日に開催予定(リアル会場は幕張メッセを予定)としている。 東京ゲームショウ2022リアル会場の一般公開日(9月18日)の様子 Share this news on your Fb,Twitter and Whatsapp File source British…

Read More »

Japan issues rare special warning as ‘violent’ Typhoon Nanmadol approaches Kyushu

A large and powerful typhoon — which has rapidly intensified and gained the Meteorological Agency’s highest classification of “violent” —…

Read More »

What it’s like to spend the night in a Pokémon hotel room

Dreams come true for a Pokémon-loving father his equally obsessed six-year-old daughter.  Just the other day, the daughter of our…

Read More »

サムスンの折りたたみスマホが約8万円まで低価格化するには

 サムスンは8月に開催した新製品発表イベント「Galaxy Unpacked 2022」で、価格を抑えた新しい折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Flip4」を発表した。耐久性の向上や本体の薄型化によって、現時点で購入できる折りたたみ式スマートフォンとして最高の製品の1つになった点を別にすれば、前モデルとよく似ており、やはり「iPhone 13」や「Galaxy S22」などのフラッグシップモデルと同じくらい高額だ。サムスンはいくつかの理由で価格を下げていない。つまり、2022年中に、そしておそらく当分の間は、折りたたみ式スマートフォンが手ごろな価格になることはなさそうだ。 提供:Screenshot/CNET  折りたたみ式の価格が高いままなのは、ヒンジや折りたたみ式ディスプレイのせいで、通常の平らな本体のスマートフォンよりも製造するのが複雑だからだと、Counterpoint ResearchのシニアリサーチアナリストJene Park氏は指摘した。インフレが全てのデバイスの生産コストを引き上げているため、価格は下がらなくても抑えられている。「価格の据え置きこそ、サムスンが価格を下げようとしている努力の現れだ」とPark氏は述べた。  「Galaxy Z Fold4」は1800ドル(約24万9000円)と高額である一方、Z Flip4は折りたたみ式へのエントリー製品として購入しやすい価格(999ドル、約13万8000円)で消費者にも人気がある。サムスンはZ Flipシリーズについて、同社が販売した折りたたみ式スマートフォンの7割を占めていると説明している。最高経営責任者(CEO)のT.M. Roh氏はUnpacked 2022で、折りたたみ式スマートフォンをさらに主流の製品にしたいと述べた。購入に興味を持っている消費者にとってZ Flipシリーズが、折りたたみ式製品を購入してきちんと使えるか様子を見るための入り口になるのは明らかだ。  フラッグシップ端末には手が出ないという消費者が購入する価格帯として、600ドル(約8万3000円)ほどのミッドレンジスマートフォンに匹敵するほど低価格であれば、より多くの人が折りたたみ式スマートフォンを使ってみようとするだろう。…

Read More »

School is back in Japan. At last, so are foreign students.

For Misha Awad, the process of boarding a plane to Japan and then going through immigration brought with it a…

Read More »

Huge cracks in Tohoku Expressway caused by earthquake fixed the same afternoon

High-speed infrastructure action! In a chilling reminder of the Great Tohoku Earthquake, a major tremor struck the same area at…

Read More »

課題解決に挑戦する生産者を表彰する「ポケマルチャレンジャーアワード2021」

 生産者と消費者をつなぐ産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営するポケットマルシェは3月8日、「地域」や「地球」の課題解決に向けて挑戦する生産者を表彰する「ポケマルチャレンジャーアワード2021 〜課題に立ち向かう生産者たち〜」の受賞者を発表した。 授賞式の様子  同アワードは、地域や一次産業あるいは、地球に存在する課題の解決に挑戦する生産者に対して、取り組みのインパクトやユニークさを踏まえて表彰するもの。「自由テーマ」と「年度テーマ」の2部門それぞれで、最優秀賞1名、優秀賞2名、特別賞2名を選定している。  審査項目は、(1)解決しようとしている課題の深刻さ、(2)取り組みがもたらすポジティブなインパクトの大きさ、(3)取り組みのユニークさ、(4)取り組みによって実現したいビジョンの明確さの4つ。  なお、自由テーマ部門では、地域や一次産業を取り巻く課題の解決に挑戦する生産者を選定。年度テーマ部門では、今回「一次産業の現場から、地球を持続可能に」をテーマに、気候変動や生物多様性の減少など、地球の持続可能性を脅かす課題の解決に挑戦する生産者を選定している。  初開催となる今回は、約6600名の「ポケットマルシェ」登録生産者を対象に、2月2日から2月13日の期間でエントリーを受け付け、9都府県から10名の生産者が受賞している。  同社は、社会の持続可能性を脅かす「都市と地方の分断」の解消を目指し、生産者と消費者を直接つなぐ産直アプリ「ポケットマルシェ」を2016年9月より運営。現在約6600名の生産者が登録しており、生産現場のリアルな情報が日々集まっているという。  そのような中で、「生産者が直面する課題」や「課題解決に向けた生産者の挑戦」は、まだ世の中において広くは知られていないという。それらを伝えていくことで、消費者が課題への理解をより深め、解決に向けた動きに自分の事として関わるきっかけを生み出したいという考えから、同アワードを開催した。  加えて、SDGsの達成に関心が強まる中で、地球が抱える課題を意識した生産者の取り組みを応援すべく、2021年の年度テーマを「一次産業の現場から、地球を持続可能に」としている。 最優秀賞は「アフロきゃべつ」「アフロコーン」を販売するHennery Farm  自由テーマ部門で最優秀賞に選ばれたのは、Hennery Farm(千葉県銚子市)の坂尾英彦さん。「農業のマイナスなイメージを変え、次世代に誇れる産業にしたい」という思いから、消費者とともに「農業のエンタメ化」に取り組んでおり、ブランド野菜「アフロきゃべつ」「アフロコーン」を販売する。また、アフロのカツラを被って行う農業体験、畑でのヨガ、古民家での農泊、規格外野菜の商品化など多数の取り組みを推進。さらに、地元企業とのコラボ商品販売、地元行政のワーケーション事業への参画など地域を巻き込んだ活動も行っている。 最優秀賞: 坂尾英彦さん|Hennery Farm(千葉県銚子市)  優秀賞は、小型底引き漁船「健勝丸」(和歌山県和歌山市)の池田佳祐さんと、エガワコントラクター(福島県喜多方市)の江川正道さんが選定された。  健勝丸では、空き家を活用した漁家民泊施設「Fisherman’s Table…

Read More »
Back to top button
Close